2008年 03月 24日
あっちが怖けりゃ、こっちにゴロニャン
b0079523_981175.jpg

「父ちゃん、まだ母ちゃんジェイドのこと睨んでる?」
「薄目あけて見てんじゃないわよ、まったくー」

b0079523_9123890.jpg

「はい、じゃ、目をつぶります。」
「全然反省してないじゃん」

b0079523_914406.jpg

「スヤスヤ。父ちゃんの側はあったかくていいなー」
「・・・・・・・ナニそれ」


これに先立つこと、1時間。
庭に放置されたジェイドは隅っこの土を50センチほど掘り下げ、周辺の芝の上は泥だらけ。
素知らぬ顔でリビングに入ってきたその姿は、筆舌に尽くし難く、、、、、、。
暫くその姿を確認せずにいた私の口を「あんぐり」とさせ、リビングにも見事に泥を撒き散らせ、マットの上に嬉しそうに横たわっていました。
風呂場に拉致され、ぶりぶりに怒られてそのときは耳までしょげていました。
しかし、その後がこの姿。
母は情けないです。


b0079523_9224932.jpg

「あ、ほらほらあっち見て!猫が歩いているわ、母ちゃん。」
「またぁ、とぼけないでちょうだい。父ちゃんも
ちゃんと叱ってくださいね。」

という昼下がりの午後でした。

憎めない、、、、、とほほ。

[PR]

by elvisjade | 2008-03-24 09:29 | その他


<< ドベに遭遇      写真のこと >>