2007年 12月 15日
逆切れで、心臓バクバク
公園でいつもの散歩の帰り道で見かけた光景。

道路に止めた車から、小型犬を2頭下ろしてリードをつけてはいるものの
持つのではなく、好き勝手に歩かせている御婦人。
お向かいにできたショッピングモールB○g H○pへ来たお客らしい。
帰りに、道の反対側にある静かな公園で犬を遊ばせようと思い立ったらしい。

そこへ、殆ど事実的にはノーリード状態のこの状況を注意した人。
「リードを付けて下さい」と。
すると「リードは付いています」、、、、、はぁ、まぁ見た目には引き摺っているのがリードでしょうけどね。
重ねて「それじゃ付けている意味ないじゃないですか」
すると飼い主
「初めてちょっと寄っただけじゃない、そうやって何にでも文句付けたがるんだから!」
「だいたい誰もいないし誰にも迷惑掛けてないじゃないですか!」
「ここでなきゃ何処で一体遊ばせろって言うんですか!」

聞いていて怖くなった。
無理が通れば道理が引っ込むとはこのことだ。
こういう人間とは関わりにはなりたくない。
モラルって言う以前の問題だと思ったよ。

この人のダンナと思わしき人は道路に止めた車の運転席で
一部始終を見聞きしていたようだった。


天真爛漫なテンちゃんのように何時でも穏やかでいたいものだわ。
b0079523_21334515.jpg

[PR]

by elvisjade | 2007-12-15 21:33 | その他


<< 忘れた頃にギク!      死闘のはじまり >>