2007年 06月 02日
親の欲目か、本能か
今朝のジェイド
b0079523_932140.jpg

すっとぼけた顔して、、、、、、。


昨日は市の基本検診(婦人科、大腸検査などは後日)で午後から元気よく出掛けた。
一週間前の胸の痛みは少しずつ軽減し、残るは右腕の肘から先のだるさと痛みだけ。
お薬も頂いているので、重いものを持つとか、風呂掃除、お鍋を持つなどといったことに支障が残っているだけであとは普通にしていられる。
それにホームドクターに診て頂いているから大袈裟にすることもなく、普通に流れ作業のように尿検査、採血、診察、X線撮影を終える。

一緒に行った御婦人とその後昼食デートとショッピングを楽しんで帰宅。
夫以外の人と外食をするなんて、、、、あれ?日本に帰って来て初めてかぁ?
些細なことかもしれないけど、すっごく楽しかった。

帰宅するともう4時。
あ、月初めだ。ジェイドのフィラリアのお薬だ。
近くの獣医さんまで走って購入。
忘れるところだったわ。


さあさあ、夕食の支度ですね。
しかし、何だか食欲無いなー。
ダンナの分だけ作って自分はソファで休んでいた。
「ポチたま」をボーっと見ていたんだけど、力が入らない。

ジェイドは自分の夕食が終わると必ず寝床の準備を催促する。
ぴーぴー鳴いてみたり、私の前に来てはストレッチしてアピールするのが常。
夕べもこの一連の動作でベッドに布団を掛けろという合図だと思っていた。
だけど、体が重くてそれさえもしんどい。
やっとのことで姫の要求を満たして(?)またソファに。
しかし、一度入ったベッドからまた出てきては、私の前にお座りする。
おまけに「お手」を何度も繰り返す。
何なの?どうしたの?かあちゃん今日は辛いからさ、ちょっと放っておいてよ。

そんなこと言っても通じないか。
わかったわかったじゃ一緒に寝るから。
と、ベッドに横になる。
通常ジェイドと一緒に布団に入ると、足の方を私の背中に持ってくる。
しばしば姫のキッキングで布団から蹴り出される。
不思議なことに夕べは背中合わせに体を寄せてきた。
ヘンなの????  母ちゃんとスキンシップかぁ。午後ずっといなかったからね。
なんて思っていたら、自分の体が悪寒で震え始めた。
布団もちゃんと掛けているのに。
ジェイドの背中の温もりがどんどん伝わってきて気持ちよかった。
暫くそのままで身動きできない。

何だか助けてもらった感じがした。
小一時間もそうしていただろうか。
この悪寒時々定期的に襲ってくるようになってしまった。
前回の失敗を繰り返さないために、ジェイドの夜の排泄を済ませた後に
ホットレモネードを飲んで体を温めて就寝。

今朝はちゃんと力が戻ってきましたわ。

夢見ゴゴチで考えた、エルビスだったら、添い寝なんて絶対嫌がった子だから
こんなことしてくれないだろうな、と。
ジェイドの察知力は(親の思い込みですが)
私を助けてくれたのだろうか?
不思議だー、謎だー。
b0079523_9374666.jpg

「え?何のこと?わたし知りませんよ」
[PR]

by elvisjade | 2007-06-02 09:40 | 健康


<< でけた 2      でけた >>