<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2010年 04月 30日
ワンズ集合で涎が出ます
ご近所で大型犬が集まって撫で回そう会!(勝手に命名)
が催された。
個人のお宅でこれだけ集まってわいわいがやがやできるのがすごい。
どの子もみなお行儀がよくて、吠えあうこともない。
しっかり躾が出来上がっていると、この集団でも何ら問題が無い。
凄いの一言につきる。

でもさすがに
集合写真を撮るのはちょっと大変。
b0079523_1350674.jpg

チワワのココちゃんがテーブルの下で小さくなってます。

おやつで静止させてはいても
これだけ集まると一斉集合写真は無理。
ちょっとづつ分けて撮るしかない。
b0079523_1352352.jpg

b0079523_13522666.jpg

b0079523_13524474.jpg
b0079523_1353930.jpg

b0079523_13532599.jpg


おいおいワンズの名前はご紹介します。
きっとすぐにまた会えるかな?
ワンズを撫でながらランチやデザートをいただき、
b0079523_13583239.jpg

気付いたら夕方。あーあ。
帰ったらジェイドの厳しいチェックで全身嗅がれまくりました。

でも、GW出だしとしては最高な一日だった。
[PR]

by elvisjade | 2010-04-30 14:00 | 犬友達
2010年 04月 27日
男心を操る怪しい黒い影
★犬の個体差があることですし、私のイメージで書いています。
 これが一般常識とずれているかもしれませんがご了承ください。


所用でジェイドを置いて出掛けることとなった、
直前にダンナが気持ちを変えて
「ジェイドは一緒に連れていく」
「車の中で待たせるほうが家に一人で置いていくより精神的なダメージが少ない」
「家で突然独りぼっちにされると、きっと何が起こっているかわからないし、動揺が激しいから」と。

議論する余地も無く、一緒に車に乗せて出発
幸い建物の中から駐車場がよく見えるところ。
それで夫君が安心するなら、ま、いいんです。
夏場でもないし。
いえ、この時期だったから敢えて異論を挟まなかっただけですけど。

ジェイドが一人になったのは30~40分くらいだったかな。


自分の用事が終わるとさっさと車へ戻って行きました。
彼を車まで送って行った私はすぐに戻って自分の用事を済ませる。
彼らがどのような会話を車の中でしたかは不明なり。


しかし、窓から見える様子では
夫君が後ろのドアをスライドさせ一生懸命ジェイドに話しかけたり
手を伸ばしてジェイドの位置を確かめようとしているのがわかりました。


すべて終わって車に戻ると転寝中だった夫君と
ジェイドが目を覚ます。
ここで普通ならエンジン始動と共に起き上がって前部席へ顔を割り込ませ
「何処行くの?」とアクションを起こすジェイドが
後部席でうずくまったまま立ち上がりもしない。目は覚ましているんですよ。

で、彼が言うには
「かなり怒っている」
「さっきから無視されている」
「触っても撫でてても起き上がってくれない」と悲しそう。
私たちすっかりジェイドに嫌われたようです。


例えば、これが雄犬だったら、あるいは計算高くなくいつでも天真爛漫、人が大好きな
ゴールデンやラブラドールだったらきっと反応は違っていたと思うのです。
エルビスならきっと、夫の足音が聞こえたら尻尾ブンブンで満面の笑顔で迎えてくれたんじゃないかな。
「あーあ、心配したよ。大丈夫?」とこちらを気遣うようにね。

ジェイドは
「一体何処へ行ってたの?」
「何も言わずにひどいんじゃない?」的なツンとした態度だったのではないかと。
男を操る心理操作ができているのではないでしょうか。
銀座のホステス並に男を翻弄しちゃうのね、きっと。
女は怖いです。

そんなジェイドの術中にはまり上手いこと踊らされている夫君でした。
家に帰ったら、ご褒美たくさんもらってまたダイエットの道は遠のいた感も。

きっとこんな風に怒って、拗ねたような表情を見せたんだろうね。
b0079523_1771973.jpg

[PR]

by elvisjade | 2010-04-27 17:07 | その他
2010年 04月 26日
健康診断及び予防注射
毎年4月の狂犬病予防注射に合わせて健康診断を行う。
一年間何も無かったことを喜びながら
またこの一年も何も起こりませんようにと願う。

フィラリア予防のお薬をいただくに際して体重測定。
今年は、ちょっとふっくらしたなーと思っていたのだが、、、。

ふっくらではなく、ぽっちゃりを超えて
ぼってりしてしまっていた。
ええ、気付いてはいたんです、母としてはね。
で、父には気をつけてねと申告していたんですが、
その父は食べること、食べさせることに生甲斐を見出している人なので、
ちょっとやそっとの警告ではどうにもなりません。

数年前の、フードカップの内側に小細工して
フードの量を減らす作戦を取ったら
激怒された苦い経験を持つ身にとっては
やはり先生から真実を告げてもらったほうが効き目があるだろうと、
この日までは、やんわりとしたお知らせ程度で済ましていました。


でも、前年から5キロ増量!!!!

ぽっちゃりさんの腹のあたり、何ヶ月?と聞きたくなります。
b0079523_11104394.jpg

b0079523_1111013.jpg

困ったねー、これから減らすのが大変だよ。
母ちゃんは応援しているからね。
(決して一緒に頑張ろうとは言わない。)
b0079523_11115927.jpg

[PR]

by elvisjade | 2010-04-26 11:14 | 健康
2010年 04月 14日
震えました
夕べ、テレビのチャンネルサーフィンをしていて感動をいただきました。


ハモネプという番組で10回目となる放送。
ちょうど「センメ」というグループの予選が終わったところだった。

その場の雰囲気が感動に包まれ、ある意味放心状態の司会のネプチューンの面々。
さらには審査員の講評。

私の気持ちは、とてもいいものを見逃したという落胆でいっぱい。


しかし、これは予選でここで勝ち上がらなければ
次の決勝へは進めない。
この同じブロックには「A-Z」という強豪がいるらしい。
そして彼らの点数はかなり高い。
センメの獲得点数はわずかに足りず、結果次のステージへは進めないまま終わってしまった。

いったいどんなパフォーマンスを見せてくれたのだろう?
気になる気になる。

でも、なんだかこチャンネルを変える気になれず
この後も同番組を見続けることに。


決勝戦ではそれぞれ3ブロックから勝ちあがってきた3グループが
実力を出し合って歌を披露する。

しかし、きっと異例なんだと思うけど
審査員特別枠で先ほど落選したセンメが決勝戦で歌うこととなった。
チャンネル変えずに見ていてよかったー。

先に3組が歌い終わって
センメが最終でステージへ。
そして聞かせてくれたのが、これです。

心が震えるようです。
感動で自然と涙が流れました。
いいものを聞かせてもらいました。
そして、ここにリンクさせてもらいまた感動させてもらいたいです。
ハモネプ2010年4月決勝戦。センメは8分くらいから
センメ、彼らは見事優勝をつかみ取りました。



追記:
彼らの他の動画もありました。

[PR]

by elvisjade | 2010-04-14 10:19
2010年 04月 13日
桜餅の食べ方考
一昨日一日何もせず、PCに触らずにいたら
昨日ネットに繋げようとしてプロバイダーの表紙で
ログインIDとパスワードに誘われてしまった。

う、う、う、しまったー。
慌ててしまった私です。


なんだか「喝!」が入らずだらだらしてしまっていました。(います。)


週末の、多分見納めになるだろう桜、
写真に撮ってもアップすることもなく数日経過
季節物だからチャンスを逃しちゃうことになりそう。

下の写真は家から1分の公園。
まだ満開といったところかな。
b0079523_1121475.jpg

b0079523_11212461.jpg


こちらはコスモスの丘公園。
既に葉桜になりかけているわけで、
b0079523_11105970.jpg

b0079523_11111962.jpg

このような葉桜を見ると連想ゲームのように桜餅が浮かんでくるのです。

桜餅といえば、全国区で有名なのは長命寺の桜餅。
元地元の墨田区の墨提通りそばにある小さなお店である。
以前は窓の下に赤い毛氈を敷いた縁台が置いてあった気がします。
ここに写っていない場所だったかな?
                                写真東京紅團より
b0079523_8514818.jpg

この辺りの風景は私の大好きな作家、池波正太郎が著した数々の小説の中に読むことができる。
きっと池波正太郎もここの桜餅を口に頬張ったことだろう。
長命寺の桜餅が他と明らかに違うのは
餅を包む桜の葉の数と大きさにあるのだと思う。

まず、餅の姿が見えないのです。 こんな感じ。
                                写真東京紅團より
b0079523_8572650.jpg

ね、中身はどこ?ってなりますよね。

通常見掛ける桜餅は葉っぱが遠慮がちに
そして、餅を引き立てるように包んでいます。
だから葉っぱの数は1枚せいぜい2枚といったところでしょう。

しかし、長命寺のそれはそれは大きな葉っぱ3枚に大事に包まれているのです。
餅はすっかり葉っぱの中にお隠れあそばしているわけです。
だからどうしても、桜の葉っぱが育ってくると長命寺の桜餅をつい思い出してしまうのです。




さて、このお店ですが
隅田川に面した場所に位置しています。
桜のお花見として有名な遊歩道の端っこです。
私も墨田区在住中はよく歩いたものです。


桜餅は年間通じて販売されているので
いつでも盛況なのですが、この季節は観光客も含めて
桜餅を買い求める人で混雑していることでしょう。

初めての方はきっと3枚の大きな葉っぱに驚かれることだと思います。
ある人がお店の人に伺いました。
客:「この桜餅はどうやって食べるのがお勧めですかな?」
店:「ええ、その方その方で好き好きはあるようですが、
   (桜の葉っぱの)皮を剥いてお召し上がりになるのがよろしいかと」
客:「ほう、そうですか」

と、お客は毛氈の敷いてある縁台に腰掛け
隅田川の方を向いて桜餅を食した、、、、というお話でした。
  (皮を剥いて)

はい、お粗末さまでした。

きっとこういう風に中身の餅を楽しんだことでしょう。
b0079523_926577.jpg

[PR]

by elvisjade | 2010-04-13 11:13 | 食べ物
2010年 04月 09日
赤い壁
b0079523_10363612.jpg



レッドロビンの新芽が、赤い壁のように続いている。
桜の薄いピンクが負けています。
[PR]

by elvisjade | 2010-04-09 10:35 | カメラ・写真
2010年 04月 08日
コントラストが難しい
お友達ワンちゃん’ず。
写真に撮るのにはとても難しい並びで揃ってくれてます。
へたくそな私には無謀とも言えますね。
b0079523_9593259.jpg


b0079523_9595966.jpg


ジェイドにも言えることだけど、
黒いお顔は立体的に撮るのはどうしたらいいのでしょうかね?
b0079523_1014377.jpg

明るさMaxで修正してようやく表情が見えました。
背景が白とびしています。
[PR]

by elvisjade | 2010-04-08 10:03 | カメラ・写真
2010年 04月 07日
つい転寝
やっと少し暖かな日となった昨日。
外出から戻ってくるとダンナが庭で草刈をやっていた。
傍らでは姫が日陰に入って休んでいた。

b0079523_10325033.jpg


うつらうつらと半覚醒の、なんともおとぼけ顔。

b0079523_10331417.jpg


日に当たって疲れたのか、部屋に入ってから夕方の散歩まで本気で眠っていた。

b0079523_10333781.jpg


ついつい添い寝に誘われてしまうのであった。
[PR]

by elvisjade | 2010-04-07 10:30 | その他
2010年 04月 03日
異常なお天気
一昨日から昨日午前にかけての強風は台風のよう。
せっかく咲き始めた桜が吹き飛ばされるよー。

午前には雨も降ってくるは、風の影響で体感温度は下がるは、
散歩もままならない。

ようやく夕方には外を歩けるくらいにはなった。
でもなんだか冬のいでたちと思えなくもない。
空もどんより。



だけど夜行性の動物じゃないから、
やっぱり明るいうちに外へ出て少しは運動しなくちゃね。
精神も肉体もお日様の力で元気を貰ってこそ健全な思考もできるというもの。
寒さに負けず、イチニ、イチニ!
b0079523_957358.jpg


b0079523_9575663.jpg

[PR]

by elvisjade | 2010-04-03 09:58 | その他
2010年 04月 01日
趣味を楽しむ
当マンションのお友達数名がパッチワークを習っている。
彼女たちの作品展示会が開催されている。

私もパッチワークは趣味なので
ぜひとも後学のためにと思い見学してきた。

自己流でしかやってきていない私にはとても参考になる。
色使いのセンスのよさに圧倒される。
指導者の感覚にもよるのだろうけど、
皆さん柔らかい色使いが特徴的。
優しい作品へと仕上がっていた。

残念ながら写真撮影は禁止ということで、
一枚も撮ることを許されなかった。


パッチワークも刺激になったんだけど、
一緒に行って下さった出品者の一人の方の
別の作品に驚かされた。

彼女のパッチワーク暦は半年だけど、
それ以前から数十年にわたり、木工の教室へ通っていたのだということ。
そして、このたびパッチワークの展示に際して
木工の椅子やらスリッパ立てなどをアクセントに使用・展示することとなった。

カービングの美しさ、しっかりとした仕上がり。
にも拘らず手の温もりが伝わってくる。

とても細くて、華奢なご婦人なのに
想像もできないような力仕事を趣味として持っていたとは、、、驚き。
人は見かけによらないものだと痛感させられた。
ご主人のほうは、ステンドグラスが趣味なんだとか。
へー、なんだかいいなー。



作品の写真はだめだったので
会場の一角に置いてあった、花を。
b0079523_1103829.jpg
b0079523_111973.jpg



この後は、広い公園を散歩して
春休みで人だらけのモールを見学し、
遅いお昼を食べて帰宅。

無駄なおしゃべりばかりのようだったけど、
「えー、そうだったのぉー」と思うことや
随分と参考になることも教えていただいた。
次はどこへ行こうかな。
[PR]

by elvisjade | 2010-04-01 11:02 | その他