<   2009年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2009年 02月 26日
近くで手頃な場所だった
先日私だけ友達と会って、喋って、美味しいものを食べてきたから
昨晩は主人の日本滞在6年の記念日と滞在延長祝いとして出掛けてきた。
出掛ける前の支度をしていると、
「お出掛けですか?私も行くですか?置いて行かないでくださいね。」と、
思いっきりアピールする方、約1犬。
一度だって置いて行ったことないのに、なぜかね。
b0079523_9481598.jpg


近いんだけど、スポーツクラブの2階にあるので
ちょっと気付きにくいレストラン。
独立はしているらしんだけど、レストラン独自のウェブサイトもない。
スポーツクラブのメンバーであれば割引もあるらしい。

レストランに入ると誰もお客がいない。
お席は窓側の奥まったところへ案内された。
テーブルや椅子は余裕を持って配置されていたので
ジェイドと主人が歩くのにも邪魔になるようなことはなかった。

席についてお勧めメニューやら、飲み物など説明を受けるが、
夫婦ともども、ガッツリ食べたいので
お魚も、お肉もという欲張りメニューを選ぶ。

ノンアルコールのカクテルがサービスとなっていた。
主人と私とで仲良くイメージで作っていただく。
b0079523_9532012.jpg

左が私:グレープフルーツ   右が主人:緑色は何だったかな?ココナッツミルクが入っていた。



最初はオードブル盛り合わせ。
b0079523_9535471.jpg

左から:生ハムの野菜巻き・ミニトマトチーズのせ・甘エビとテリーヌ・スモークサーモン



フォアグラのソテー
b0079523_9582882.jpg

外はカリカリで中はシットリしていました。塩味。



ブロッコリーのポタージュ
b0079523_959281.jpg

食べ終わってから写真に収めました。



お魚料理
b0079523_100371.jpg

白身魚のフライと、かに足。フェンネルの香りがとてもマッチしていて美味しかった。



お肉料理
b0079523_1021388.jpg

フィレステーキ。主人はもっとレアが強い方がお好みだったようです。



デザートの盛り合わせ
b0079523_104594.jpg

途中で写真を思い出して、、、、、。
既にオレンジ・メロンやイチゴの上に載っていたサイコロ型の生チョコは口の中。
残っているのは、イチゴと生クリーム、チーズケーキ with ブルーベリーソース、チョコチップのミントアイス。

主人はこのほかに最初にハウスワインの白をグラスでいただきました。
美味しい時間をとても静かに過ごさせていただきました。
楽しかったー。


お値段もとてもリーズナブルで、二人で諭吉様一枚でお釣がきました。
さあ、また来年?或いは滞在延長時期の3年後?かな。
[PR]

by elvisjade | 2009-02-26 10:16 | 食べ物
2009年 02月 25日
ハーネス
大事な仕事着のハーネスですが、
気が付けば今までスポット・ライトをあびたことがなかったね。

といっても気をつけて写真を撮ったこともなかったから
これからもう少し気を配ってあげなきゃ。

b0079523_13125696.jpg

歩いている時はもちろん、
細部のクローズアップとかも。
b0079523_13152773.jpg


エルビスのハーネスと比べっこも。
b0079523_1315490.jpg


あら、バックルの位置が逆だったのねー。
知らなかったょ。
ということは主人は反対方向のバックルの締め方でこの5年やってきていたんだ。
体が手が自然にバックル装着できるようになって来た頃には
ジェイドとのパートナーシップも高まったんだろうな。


昔はハーネスも重くて大きかった。
エルビスのは3キロ、ジェイドのは2キロ。
いまはもっと軽くなったし、色やデザインもオシャレになってきている。

ジェイドのハーネスも来たばかりの頃とは大分貫禄が付いて
持ち手部分は主人の手垢が突いて黒く変色している。

新米盲導犬の時のハーネスの色を見てみよう。
b0079523_13293849.jpg

b0079523_13294936.jpg

b0079523_1330252.jpg

これこそが主人とジェイドとの歴史そのものなんだな。
ジェイドぉー、これだけしっかり歩んできたんだね。
えらいぞ。

そういえばこのジェイドのハーネス一度大きく壊れたことがあったんだ。
今なら笑い話ですけど、、、、。

それはまた次回に。
[PR]

by elvisjade | 2009-02-25 13:25 | 盲導犬の仕事
2009年 02月 24日
延長がおりました♪
b0079523_19173767.jpg

一週間で連絡ハガキが届きました。

滞在延長が次の3年間も認められました。
多分、、、、、だって、印紙¥4,000を持参ということは、きっと大丈夫だと思う、いや大丈夫に違いない。


先立ってお祝いすることにした。
明日は主人の渡日6年の記念日なので外食予定。
今予約を済ませたところ。

ダンナにもたまには美味しいものを食べてもらいますかね♪
[PR]

by elvisjade | 2009-02-24 19:25 | 日本
2009年 02月 23日
6年前
湯島天神で友達に会うことになったのは、単なる偶然なんだろうけど
6年前に日本へ帰って来て東京で滞在したホテルがこの界隈だったことを思い出した。

天神までの行き方を地図で予習しながら
そういえば、泊まったホテルの名前はなんだったかな?と考えたけど全然出てこない。
真剣に突き詰めて考えるのも面倒だったし、
グーグル地図で探しても出てこなかったので、それはそれで心の隅っこに引っ掛ったままで置いておいた。

土曜日出掛ける支度をしながら、何時ものようにエルビスのペンダント(エビの遺骨・遺灰の入った)をバッグに入れる。
京成上野駅に到着してほぼ始発からの切符を取り出そうとしたらポケットから滑り落ちたのかまったく影も形もない。
出札口で鞄の中身から、ポケットの中から係りの人と一緒に全部検めてみたけど出て来ない。
何時の電車で、券売機で幾ら入れて、幾らおつりが出てきて、何処そこで乗り継いできたと説明したら
「今回だけですよ。気をつけてください。」と無事放免された。
恥かしいことなんだけど、なんだかエルビスの悪戯に合っているような気もした。

地図でシミュレーションしてきたつもりだったけど、
方角を間違えてしまった。
湯島天神へ行くのに、京成駅からは上野広小路を右折すべきところを
松坂屋を通り過ぎて未だ直進している自分。
直進していれば天神様にぶつかるような気になっていた。
結局人に聞いてちょっと行き過ぎた位置にはなるけど、松坂屋のところを左折することになった。

More
[PR]

by elvisjade | 2009-02-23 10:05 | エルビスの想い出
2009年 02月 22日
おのぼりさん
青空が抜けるようなお天気ながら、風は冷たく強い。
そんな昨日「湯島の白梅」を見に行きました。
といっても散りかけていました。残念なり。
そのかわり、合格祈願の絵馬が山のように咲いていました。
b0079523_1741084.jpg

b0079523_17412829.jpg

b0079523_1742060.jpg


More
[PR]

by elvisjade | 2009-02-22 17:55 | その他
2009年 02月 20日
場違いだと感じた午後
『ええ、私OTなんです。
OTといってもわからないですか。日本語で作業療法士です。
あ、それでもわからないですか。そうですか。リハビリの仕事です。
あ、ちょっとわかりましたか。そうですか。』

みたいな変な会話、、、、、、、、。

More
[PR]

by elvisjade | 2009-02-20 18:12 | その他
2009年 02月 18日
滞在延長なるか
今月25日が期限の主人の滞在期限。
3年前の申請では、次の申請まで日本にいるのかしら????
と、主人も私も半信半疑。というか、ここまで居るとは思いも及ばなかった。

だからというのは言い訳だけど、
申請内容をちっとも覚えていない。
普通は覚えてないと言ったって、少しくらいは記憶に残っているだろうに、、、。
これ、加齢による記銘力低下で片付けられる程度のものか、
或いはもっと深刻な(病気?の範疇に入っているのか)状態なのかしら。

自分ながらこれは怖いと思うんだけど、
次の日には大して深刻に思わなくなっているのも、その兆候かしら?
でも、一応は昨日感じたことを覚えているんだから、ちょっとは自分を信じてみようっと。

★★★★★★★★

風が吹きあれた昨日申請に行ってきました。
1時間ちょっとのドライブで事務所へ到着。
オフィスが9時に始業で、到着したのが9時半を回っていたんですけど
番号札は39番。
待つことおよそ2時間。

★申請書 1&2 *所定の用紙
★身元保証 *妻が所定の用紙に書き込む
★主人のパスポート
★主人の外国人登録証
★主人の身体障害者手帳
★私の戸籍謄本
★私の住民票


当日はここまで。
申請が通ればハガキで知らせが来てまた事務所へ赴いて、シールを貼ってもらう。
そのときの費用が¥4,000収入印紙を提出。

と同日に、再入国申請が可能となる。
それが我が家の場合は数次の再入国を申請するため¥6,000となる予定。
以前の記憶では¥9,000だった気がしていたんだけど、
事務所で確認。¥6,000だった。


2週間ほどで結果が知らされる。
次の3年間も大丈夫かな。
[PR]

by elvisjade | 2009-02-18 17:56 | 日本
2009年 02月 14日
アメリカ大使館
行ってきました、アメリカ大使館。
家からは一回乗換えで比較的スムーズな電車の旅。
一時間ちょっとという距離でした。

昔、都内で働いていた頃、飲み会で大使館近くで(友達が)騒いだことがある。
飲めない私は介抱役にうってつけと声が掛かるわけですが、
その日も誰かが大使館脇の塀にうずくまって、ゲーゲー吐いた、ということを思い出しました。
暗かったので周囲の様子は全然覚えていません。
あの頃はもっと警戒も緩くて、警備の人がいなかったよなー、
少なくともゲーゲーしていた時には、おまわりさんも、ガードマンもいなかったな、なんて懐かしくなったりして。
でも、メンバーは誰だったのか、誰がゲーゲーしたのか、それも思い出せません。
ほんの17,8年前のことなんですよ。   いやー十分古いですか、そうですか。



テレビや映画でちょくちょく見かける「宣誓」を初めて生で見た。
それも我が夫が宣誓している姿である。
結婚式も日本で友達同士だけだったし、
届出は区役所提出。
余談だけど、夕方の時間外窓口に提出したんだった。
直前にカナダ大使館で想定外に時間を取られ遅くなってしまった記憶がある。


さて、宣誓の感想に戻って、
キリスト教的な考えが、形骸的にではあってもこういったところに残っているんだなーと実感した。
「神は何処からでも見ているのだよ」「嘘はつけいないんだよ」と自分に誓わせているのだろうが、
あ、でもこれって仏教でも同じなのではないか、、、、、と、ふと思った。

少なくとも私は小さいとき、閻魔様が見ているから嘘はついちゃいけない、舌を抜かれる。そう言われて育ってきた。
嘘をついたらとても怖いことが待っているから嘘はつかないと、心の中で自分に誓うわけである。
同時に閻魔様にも誓うわけである。
西洋人が行う宣誓という形で人にも・自分にも現すことがないのが仏教なのだろうか。

他方、西洋人は表に現すことが好きだと思ってきたけど、それはこういった一例にも見られるように表現すること、すなわち内面に思っていることを吐き出す、それですべてが白紙になるという感覚になるのだろうか?

とするとキリスト的な考えと仏教的な考えは、ここでは違って見える。

仏教的にはひっそりと心の中で反芻すること、それこそが誓いを守り続けることの難しさでもあったりする。

何のこともない宣誓一つで壮大な発想を展開してしまった。

でも数秒後には、そんなことよりランチは何処へ行こうかなーって現実的な次元へ戻っていた私だった。



新橋で乗り換えるため、地下通路にあるカフェでパンとコーヒーをいただきました。
喫煙席が設けてあるところが良かったようだ。
鼻が利くのよねー、ダンナ。
私は注文品をダンナの前に置いて、自分は禁煙席のテーブルで食べました。
ええ、ええ、冷たい妻です。でも、ちゃんと見える場所で食べましたよ。
[PR]

by elvisjade | 2009-02-14 10:36 | その他
2009年 02月 12日
おめかしのお付き合い
本日お仕事です。
でも、休んでます。
b0079523_15302576.jpg


More
[PR]

by elvisjade | 2009-02-12 15:36 | 盲導犬の仕事
2009年 02月 12日
取り合い
主人、自己健康管理がとてもアバウトです。
というか、自己中もはなはだしく、
周囲が困惑・心配していたのも最初のうち
いまや、私もちょっとやそっとじゃ「狼が来たぞー」的で、慌てて緊急事態発生とは思わなくなったのよ。

ったくぅ、またあんな脂っこいもの食べたからでしょう、自律しなさい。自分のせいだからね。
とお腹の中で思うようになってしまった。

でも、これは危険なことかもしれない。


と、今回はそのことではなく、ジェイドに関してなんです。


具合が悪くて、一時間おきにトイレに入ったり、
リビングへ出てきては「うー、はー、おえー」とこれ見よがしにやるんですよ。
そんな風に始まった今回の胃痛・腹痛。
二日目にはずーっと横になって白湯とお薬だけをお腹に入れて耐えていたんですよ。

そんなダンナと一緒に寝るのもジェイドだって嫌だろうし、
何よりお布団をジェイドと分け合うのは病人に辛かろうと、ね。
普通はそう考えますよね。
親切心で (本当はそうでもないんですけど)
「ジェイドは、今晩私と一緒に寝たほうがいいでしょう。あなたもそのほうがゆっくり休めるから」

・・・・・・だって、ねー私もたまにはジェイドと一緒に寝たいもの。

でも即、却下されました。


ジェイドと一緒に寝たほうが体が温まって気持ちが安らぐから、ですって。
b0079523_959079.jpg

翌日の散歩だけは私担当。
今朝は主人も元気に散歩に復活しました。
やっぱり人騒がせと思いたくなるのだ。
[PR]

by elvisjade | 2009-02-12 10:05 | 健康