<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2007年 01月 25日
ギョ!
一人遊びが苦手なジェイドです。
全神経を自分に集中させてもらわないと気が済みません。
そりゃ時間があれば喜んで相手もしますが、
どこまでも、何時までも我がままを聞いていることもできないので、
ぴーぴーおもちゃを与えてその場凌ぎ。
うまく逃げたと思っていたら、、、、

ぎょ! です。
b0079523_13174467.jpg

破片を組み合わせてみたら、飲み込んでいる心配はなさそうで、ホッとしました。

で、直ぐに自分でまた持ち出して来ておりました。

b0079523_13185088.jpg

「何か、文句あります?」
[PR]

by elvisjade | 2007-01-25 13:20 | その他
2007年 01月 24日
やってきましたー
クール宅○便に乗ってやってきました。

ぷーままブランド・スモークサーモン

一昨年の冬からお世話になっていますが、このところは購入希望者が増えて
皆さんに食べていただきたいから、一回購入をひかえたら、ままが送って下さった。
やっぱり旨くて、申し込まなかったことを後悔した。

だから、今回は御好意に甘えて申し込んだ。
先週からお天気と睨めっこでハラハラしながら週末の仕込みの無事を祈った。
お日様がささないと、サーモンの旨さが際立たない。
寒さでぎゅっと締まった身にならない。

誰の行いがよかったのか、申し込んだ方々ももちろんままもびっくりするほど
作業の工程にあわせてちゃんとお日様がさしてくれた。


ダンボールに包まれて届いたサーモンはガムテープを剥した段階で
チップで燻られた香ばしい香りが既に漂ってくる。
まずは食べたいところを我慢して、小分けにしてラップでぐるぐる巻きにして冷凍庫へ入れる分と、直ぐに食す分とに分けた。
ダンナが匂いを嗅ぎつけて台所へ来る前に端っこだけ味見しちゃえ!
「旨い」 ジューシーさと適度な脂が混ざり合ってとろけるようだ。

残念なことに今朝のダンナはまだ風邪気味で、文句を言われながらもオートミールを食べさせた。
そして私は彼を朝風呂にさっさと追いたて、自分ひとりでサーモン・ベーグルでのんびりゆっくり。

コストコのでっかいプレーン・ベーグル。
薄く切ったたまねぎ。
クリームチーズ。
(ケッパーがあればもっといいのだが、、、、、)
b0079523_10201743.jpg

b0079523_10203337.jpg

b0079523_10204823.jpg

b0079523_1021227.jpg

たまねぎの甘味とサーモンの塩加減がいい具合にマッチしてました。
素人(もう素人とは云えない域に達していますが)が家庭で作る手作りサーモンとは思えないものです。
本当にありがたい。
でもここまで到達するのにどれくらいの年月を要したのか。
そして何よりそのチャレンジ精神と探究心に感服いたします。
[PR]

by elvisjade | 2007-01-24 10:26 | 食べ物
2007年 01月 23日
ニンジン安売り
たった一つの買物をしにスーパーへ。
豆乳1パック買う予定が、
タイムサービスの罠にすっぽりはまってしまった。

千葉県産ニンジン、でっかいのが4本。
1.5キロ強。   77円でした。
b0079523_9322297.jpg

夜にはサラダだよー。
[PR]

by elvisjade | 2007-01-23 19:28 | 食べ物
2007年 01月 21日
想い出のリーシュ
朝の散歩で、リーシュの金具が壊れてしまった。
b0079523_1732871.jpg

齢、13歳と半年だ。よく頑張ったと思う。

エルビスがダンナとペアになって学校を卒業する時にハーネスと共に我が家にやってきたんだからね。
それから毎日休むこともなく使われてきた。
黒革はしっかりと手になじみ、ソフトでありながらも肉厚で重厚感が備わっている。
エルビスが歩いてきた歴史が革に威厳を与えてくれたのかもしれない。

ジェイドが仕事を引き継いでからも、ダンナはこのリーシュしか使おうとしなかった。
彼女のリーシュは新品ながら既に切込みが入っていたし、質的にもお粗末なものだったからだ。
二頭で出掛ける時も、ジェイドが黒革、エルビスが細くて頼りないジェイドが学校から頂いてきたあめ色革と決まっていた。
この写真のように、、、、、。

この金具が壊れたからと言って、革は「お疲れ様、ありがとう」という風に割り切って捨てられない。
そこで母ちゃん閃いた、エビとジェイドを合体させればいいのだ。
黒革にあめ革リーシュの金具を取り付けようっと。

お昼にはどうにか間に合ったわ。

父ちゃんの手の汗と、エビの歩いた雨も、雪も全部吸込んで刻まれた記憶が
また父ちゃんの手に吸込まれていくんだ。
今はジェイドの見ているもの、感じているものをその革に重ねながらね。
[PR]

by elvisjade | 2007-01-21 17:29 | エルビスの想い出
2007年 01月 20日
余計な世話焼きオバサン
昨日は思いっきり寝坊した。
目が覚めたら、8時を少し回っていた。
ダンナとジェイドを起こして顔をササっと洗い歯ブラシも簡単に済ませ姫を排泄だけさせに外へ出、戻って朝食を準備。
洗濯機を回しながら、今度は自分が出掛ける準備。
ダンナは空腹が抑えきれずに冷蔵庫をガサゴソ。
ジェイドの朝食そっちのけで、自分のお腹を満たすことだけ考えている。

バタバタしながら、彼らは彼らで勝手にやってください。
私はドッグシッターへ行ってきますから、、、バイバイ!


遅刻はせずに済んだ。お腹を空かせたままヤンチャなアン・コロちゃんの世話焼きオバサンに一時間だけ変身。
全身で喜び表現するこの子達の飛びつく勢いは、我が家のジェイドでは拝めない。
後ろ足で立ち上がり両前足で空間を犬掻きする姿はめちゃくちゃ可愛い。
ここまで懐かれるとこっそり家へ連れて帰りたくなるが、
誘拐犯になっちゃうし、第一すぐにばれちゃう。
ジェイドだって黙ってはいないだろうから、どうにか我慢している。
一時間なんて直ぐに終わってしまうのは残念だけど、居座るわけにもいかないしね。


全身に、アン・コロちゃんのニオイをつけまくって家へ戻ると、ジェイドのクンクンチェックが待っている。だけど、あっさりしたもので「フン、またどこかの犬を可愛がってきたわね。」「ほんと好きなんだから。」と冷たくされてしまう母ちゃん。

昨日は朝の散歩をやっている時間もなかったから、昼に仲良く家族で図書館の前の大きな広場へ連れて行く。
私は本を返しに行っている間ダンナとジェイドは外で待っていてくれた。
幸い広場には一頭と、一人だけで静寂そのもの。
その一頭は小さな小さなチワワちゃん。一緒にいたのは若い女性。
よく見るとそのチワワちゃんリーシュもつけずに気ままに歩いている。
あーあ、やだなー。小さくて大人しくてもジェイドを見たらどうなるだろう????
走って近寄ってくるか、走って逃げていくか、パニックになってあらぬ方向へ走り出すか????どれも願い下げにして欲しい。
私の心を察することもなく、女性はジェイドへ目を配ったもののバッグからリーシュを取り出すこともなく平気な顔してチワワちゃんを呼び戻すこともしない。
僅か2メートルの距離になっても何の疑問も感じない風だった。
ちなみにこの広場、市が「ノーリード禁止」の立看板を設置している。

彼女の中にはこんなに小さい子だから迷惑、、、、という概念はサラサラないし、
人事のように捉えているのだと思う。

常々思うのだが、犬のサイズの問題ではないと私は捉えている。
小さければ許されて、大きければ問題だということではないと思うのだ。
躾がされていても、犬同士が出会えばどんな突発的なことが置きるか予想は難しいだろうし、事故とは、「想像もできませんでした」「まさかそうなるとは、、」と後悔するような出来事を指すことが多いのではないか。
チワワちゃんが悪いとか、言っているのではない。先の読めない行動をする可能性がある生き物と一緒にいるのなら、最低限の責任を犬に対して持って欲しいのだ。
ましてや柵で囲まれたドッグ・ランで遊ばせているのではないのだから。
いつ何時、広場から車の走っている公道へ勢いよく走り出すとも限らないし、運悪く通りかかった車の下敷きにでもなったらひとたまりもない。
運転手だって災難としか言いようがない。
考えれば考えるほど、事故の危険性ばかりが頭に浮かんでしまう。

あーあ、世話焼きオバサンはとても見ていられない。
一言、「リードは持っていらっしゃらないんですか?」と訊ねてしまった。
大きなカバンの中を、ガサゴソガサゴソ、暫くひっくり返るほど探して、ちゃんと出てきた。
でも、嫌な気分になりながらリードを付けたかどうかさえも見ずに背中を向けて帰って来てしまった。
ダンナ曰く、「彼女の『はい、持ってます』のあの声は、(大きなお世話よ、あんたに関係ないでしょう)という声だったぜ。」
ええ、まったくおっしゃるとおりです。私はおせっかいな近所の煩ババァです。
[PR]

by elvisjade | 2007-01-20 11:25 | その他
2007年 01月 17日
おニューでござる
年末に友達のサイトからレインコートの紹介を受け
ジェイド用に早速購入。
母ちゃんの大好きな黄色がメインで、背中には「DOG NAVIGATOR」と印刷されている。
布は反射素材使用だから夜でも出歩ける。
PET PARADISEの商品です。
大型犬はジェイドの着ているものが最大です。

b0079523_17412947.jpg

背中に載せたリーシュがちょっと邪魔でしたね。

4脚総て覆ってくれる「つなぎ」のレインコートも頂いたり、作ったりして数着あるけれど、
これは着せるのも脱がすのもそれらに比べたらとっても楽。
だから軽い雨ならこれで対応できそう。
それと、今まで大型犬のレインコートは高くてなかなか手が出せなかったけど、
3千500円位となれば、「まぁいっか」という気にさせてくれる。

動画も撮影したのですが、エキサイト:ドガログへなかなか接続できません。
あとでアップできると思います。

ようやくだよ、、、、、。

後ろの白いゴムを黒に取り替えればもっとおしゃれになるかな。
[PR]

by elvisjade | 2007-01-17 17:52 | その他
2007年 01月 13日
明日のFM
新年になって、「気になる、、、、、」にオペラのことをメモ的に書いたのですが、
明日NHK FMで気になる放送が、、、、。


1月14日(日)
15:00-18:00、
NHK-FM<海外クラシックコンサート>

ヴェルディ《アイーダ》

ミラノ・スカラ座合唱団
ミラノ・スカラ座管弦楽団
リッカルド・シャイー

アイーダ … ヴィオレタ・ウルマーナ
ラダメス … ロベルト・アラーニャ
アムネリス … イルディコ・コムローシ
アモナズロ … カルロ・グェルフィ
ランフィス … ジョルジョ・ジュゼッピーニ
エジプト王 … マルコ・スポッティ
使者 … アントネッロ・チェロン
巫女の長 … イム・セギョン

2006年12月7日、イタリア ミラノ・スカラ座


アラーニャが舞台を降りてしまったのは10日ですが、この録音は7日に行われています。
最後までちゃんと舞台をやり遂げた日です。
もっとも、アラーニャにとっては最後の ミラノ、スカラ座 という記念になるかも。
楽しみだ。
[PR]

by elvisjade | 2007-01-13 23:13 | その他
2007年 01月 11日
読み物
新年、NHKで五木寛之氏と塩野七生氏の対談番組を放送していた。
恥ずかしながら、私 塩野さんをはじめて知りました。

番組HPです。

番組内では Pax Romana 「200年間続いた地中海世界の平和。ローマ帝国の最盛期。」などについて塩野氏が言及していました。
そこから何が見えるのか。今の日本の状態は外から見ている人のほうがかえって客観的にあらわすことができるだろう。ということで、直ぐに影響を受けやすい私ですから、図書館へ足を運んでとりあえず一冊だけ借りてきました。

そうはいっても借りてきた本は歴史書の形をとっている。
まだ読み終わっていないけれど、小難しくなくて読みやすい。
面白いかもしれないと思い始めている。
たまにはNHKに目を向けるといいものに出会える、、、かも。

b0079523_1161889.jpg

そして、図書館へ行ったのだから、一冊で帰って来るなんてもったいない。
シリーズで読み続けている楽しい読み物。
はい、趣味です、落語。
もう生で聞くことができない古今亭志ん朝 さんの解説付き噺本。
これも先々 I miss them の一つになるのかな、、、ちょっと寂しい。
[PR]

by elvisjade | 2007-01-11 11:15 | 日本
2007年 01月 07日
日本がいいなーと感じるポイント
あと半年くらいで多分日本からいなくなっちゃう我が家だけど、
きっと恋しくなると思われるもの、、、、。

追い炊き機能付きの風呂。
これゆっくり時間を忘れて入っていられるからリラックスできるのだ。
海外旅行へ行った人ならわかるだろうけど、
あちらのバスは暖かい湯をためるのみで温くなったら少し湯を抜いて熱いのを足すしかない。
その間、体半分くらいの湯に浸かったままじっと我慢。

その点肩までしっかり暖まりながら、尚且つ温くなりかけたお湯が少しづつ暖まっていく様はなんとも表現できぬほど  「ヌウオオォーィ、気もちいいぞー」
だからダンナは日本式の風呂が大好き。
きっとこんな風呂の入り方できなくなるのか。寂しいな。


もう一つ、水周り関係。
トイレだよーん。
独立したトイレは少なくて、大体普通のアパートならバスと一緒。
洗面所も一緒だったりする。
独立空間でないのは日本とさほど変わりない。
でも、日本では今は当たり前の暖房便座とかウォシュレットには日本国以外ではお目にかかったことがないのです、私。
ひょっとして海外でも高級マンションとか超高級ホテルとかならあるのかも知れないけど、私たち家族は普通のアパートに住むことになるからこれも望めず。

段々と日本にあって海外にないものが目に付くようになってしまった。
先行き自分が心配。
[PR]

by elvisjade | 2007-01-07 21:06 | 日本
2007年 01月 06日
気になる気になるあの人、この人
おば様方が(私も確かにおばさんですが)、韓流スターにお熱になってもちっとも心をうごかされることがなかった。
あの時のブームに同時進行でテレビドラマを見ていたら、ちったぁ興味を持ったのかもしれないけど。
とはいえ、ケーブルであちらのドラマも入ってくるので今でもその気になれば毎日韓流ドラマも色とりどりで選べるのだ。もったいないと言う人もいるかもしれないけど、一度たりともドラマ・映画鑑賞したことがない。

でも、一方でとっても気になる韓流スターが私の中にはいるのです。
ジャジャーン    その人は スミ・ジョー Sumi Jo'   ソプラノ歌手なんです。
今はイタリア在住。チャンスがあったら生で聴いてみたいな。


次は4人の男性グループ。  IL DIVO
私はサッカーに疎いのでぜんぜん知りませんでしたが、

”FIFAワールドカップTMのテーマソング「タイム・オブ・アワ・ライヴズ」は、開幕戦と決勝の舞台で生パフォーマンス!
そのパフォーマンスは全世界で生中継(日本も)された!
開幕前には、日本でも小泉元首相が定例会見で言及するなど、日本で大ブレイク!!国内15万枚セールスを突破!!”


ということは、昨年ワールドカップを見ていたら(少なくとも開幕と決勝)2回は聴けたのね。フーン。残念。
来日公演も間近らしい。どこかのチャンネルで放送してくれないかしら?ね?


番外で気になるのはテノール歌手の ロベルト・アラーニャ Roberto Alagna
何度か生で聴かせていただいている。好きだナーと思っているのです。
だけど、いつも一緒にくっついてくる妻の
アンジェラ・ゲオルギー Angela Gheorghiu ソプラノが、邪魔くさい。綺麗なのは綺麗だけど鼻にかけている夫婦なんだな。

昨年末ダンナのアラーニャの方がとんでもない目に遭ったので、何だか今年は気になっているのです。
とんでもない元は、自分自身なのか、観客なのか、指揮者の判断が悪かったのか、劇場側の問題なのかその辺は色々言われているけど、、、。
ミラノのスカラ座で「アイーダ」公演中の観客のブーイングに腹を立てて舞台から降りてしまったのです。
QuickTime7で見られます クリックしてください。その日の降板となったその場面です。

仮にもプロだろう、それも世界的に引っ張りだこの歌手じゃん。だけど、そうそう見られるものじゃないから面白がっている私ではあります。

ブーイングとは言え、上の動画が編集されているのか、さほど気になるようなものではないと思うのですが、、、、。

で、直ぐに舞台衣装もないままGパン姿で バロンビ という歌手が代役で出てきます。
だけどなー、こういうのは歌も舞台装置も衣装も全部ひっくるめて鑑賞しに行くのだから、金返せ!って気分になるなー。私なら。
結局、少し駄々をこねたアラーニャは誰も宥めてくれなくて、そのままこの公演全部降板しちゃった。
あーあもったいない。

と、今日はまったくの私の趣味でした。
失礼いたしました。
[PR]

by elvisjade | 2007-01-06 19:07 | その他