<   2006年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2006年 12月 31日
今宵は私の好きにさせて
食べ物の恨みは恐ろしい。
クリスマスはダンナのメニューだったのだから
大晦日は妻が主導権を握るのだ!

北海道の友達がイクラとたらこを贈ってくれたので、

大晦日には「海鮮ちらし」にしたーい。
それとあっさりと「かぶの浅漬け」。
うーん私の理想の食事だわ。
b0079523_20282576.jpg


まぁダンナがどうしても食べたいと申告した
「エビ」も作ってあげましたけどね。
なんとも国籍不明のお夕飯でしたわ。

デザートは、、、、、、はい、西洋風でした。


今年も皆様ありがとうございました。
さぁ、あと3時間半で2007年。
皆様にとってよい年でありますように。
我が家もいい想い出を作れるよう努力します。
明日からもまたJadeとこのブログをどうかよろしくお願いいたします。
[PR]

by elvisjade | 2006-12-31 20:31 | 食べ物
2006年 12月 30日
私の姿
b0079523_8303135.jpg
ジェイド的正しい年末の過ごし方。
テレビのリモコン抱えて眠りに入る。

あー、これはまるで私の縮図だわ。
[PR]

by elvisjade | 2006-12-30 23:34 | その他
2006年 12月 30日
体操選手
クリスマスのプレゼントの赤い服と一緒に買った白い服。
体操のオリンピック代表ユニフォームみたい。


[PR]

by elvisjade | 2006-12-30 06:59 | その他
2006年 12月 27日
エルビスの墓参り
ビンママからご紹介を受けて今年、Elvisのお墓をネット霊園に作らせていただいた。

ペット霊園 ←クリックどうぞ。


皆さんが忘れずにいてくださったことと、毎日朝夕とお参りしていたら
いつの間にか1000回の献花ができた。
母ちゃんが夕べしっかりと1000回目を踏ませて頂きました。

b0079523_9401174.jpg


何処にいても、いつであっても想い出したときにお墓参りができるこの霊園、
ありがたい気持ちで毎日感謝しております。
ビンママありがとう!
[PR]

by elvisjade | 2006-12-27 09:40 | エルビスの想い出
2006年 12月 26日
クリスマス・ディナー
えーっとね、綺麗じゃないのよ。
緑とか赤とかそれらしい雰囲気の彩を添えればよかったのでしょうが、
ブロッコリーもイチゴもない。
茶色一色のディナーでした。

まず、チキンです。ターキーが欲しかったのですが、コス○コでは大型のターキーしかなく
うちのオーブンに入りきらないサイズ。
ダンナは涙を呑んで2.8キロの鳥にしました。

下の写真はスタッフィングです。
giblets(臓物)ですが、我が家は砂肝そして合挽き肉を油で軽くいためてあります。そこへ玄米と白米半々をスープストックで炊いたご飯を加えてあります。
b0079523_1054587.jpg

上記を鳥のお尻から詰め込みます。
鳥の表面には塩、コショウ、パウダーガーリックなど香辛料をすりこみます。
b0079523_1057194.jpg

これを180度のオーブンで3時間ほど、蓋をせずに焼きます。
途中で一度ひっくり返しました。
そしてできたのが、
ジャジャーン。  シーフードサラダと一緒に。
b0079523_10591793.jpg

この一羽の鳥は全部ダンナのお腹に入るのです。
だって、かあちゃんはお肉が基本的に嫌いで、トリなどまったく口にしないからです。
これから数日はチキンサンドイッチを食べるらしいよ、ダンナ。


そしてこれが、ミートパイとフルーツケーキ。
パイは上から見るとひらぺったい”お好み焼き”みたい。
b0079523_1191768.jpg

切って横から見ると、ちゃんと挽肉入ってます。
b0079523_114138.jpg


全部一度に並べて写真撮ればそれなりに見えるのでしょうが、
オーブンの出来上がり順にしか撮影できなかったわ。
まぁいいでしょう。

本当のことを言えば、
わたしゃ、これより寿司が喰いたい。
納豆と鮭と白米でもいい!!!!!
いいや、そんな贅沢も言わない、
冷ご飯をチンして梅干と漬物でもいいのだー。
父ちゃんごめん。

[PR]

by elvisjade | 2006-12-26 11:07 | 食べ物
2006年 12月 25日
メリークリスマス
さてさて、夕べはイヴでしたので、外食。
例によって我が家ご用達のレストラン・カプリチョーザ。
クリスマスメニューで、サラダやパスタ、ダンナはチキンをいただきました。
デザートのクラシックチョコレートケーキが絶品でした。

ところで、ジェイドはいつものように大人しくダンナの横に寝転がっておりました。
隣のテーブルに後からやってきたご家族連れ、えらくジェイドを褒め称えてくださいました。
もちろん、聞こえてはいるのですが聞こえないふり。
ジェイドも顔を上げて目を合わせるくらいはしたのですが、殆ど無視。
それでも誉め言葉がこれでもかというくらい連発してくださいました。
聞いていてくすぐったいのと、胸を張りたい気持ちを抑えておりました。
一番の言葉は、「芸術的な美だね」だって。ほほほほほ。



朝一番はプレゼントをあけること。
といってもダンナには、これ。
b0079523_11275341.jpg

彼の部屋は北側。パソコンは窓に向かっている。
エアコンをつけても足が冷えてしょうがないと、ぶつぶつ言い続けていたので
先週一足買ってみた。
効果があったようなので、もう一足はクリスマスプレゼントとして妻から。
安いものだ。

ジェイドには、ボンちゃんママからケーキをいただいた。
エルビスにも食べてもらった後であげるからね。
b0079523_1131411.jpg


ピレネーのボンちゃんは段々と長距離を歩くのが大変になってきた。
エビが使った担架をボンちゃんママへクリスマスプレゼント。
こういうのを贈るのはどうかとも思ったけど、置いておけば「使わなくて済みますように」というお守り的な意味合いを含めて。
ママも喜んで受け取ってくださった。
そして、そのお礼にといただいた犬用のケーキだったのさ。

b0079523_11344875.jpg

ジェイドの目が、、、、、おいしいものに釣られてしっかり寄っています。


母ちゃんへのプレゼント????
今年も何もなし。
いいのです、今年は。
荷物になるようなものは、いりません。(強がりです)


クリスマスディナーは、ダンナが台所に立って準備しています。
美味しそうにできたら明日はそれを、、、、、、。
[PR]

by elvisjade | 2006-12-25 11:39 | その他
2006年 12月 24日
サンタがプレゼントを貰いにやってきた
本日の我が家のサンタへのプレゼントです。
b0079523_16425088.jpg

真っ赤な服、

b0079523_1643254.jpg

オーブンで仕上げたジャーキー。

何も置いていってくれないそうです、このサンタさん。
[PR]

by elvisjade | 2006-12-24 16:45 | 手作り
2006年 12月 20日
明日は買いまくるぞー
さあー、明日は今年最後の 大型スーパーコ○トコ への買出しだーい。
一年の垢を落とすように買い捲ってくるぞー。

外的に嫌なことが多かったけど、買物で発散するわ。
ショッピングリスト作ろうっと。
楽しみ楽しみ。

明日幕張店では、開店から午前中一杯ならもれなく働くジェイドが見られます。
(見てどうする?????)

別にお店の回し者でもありません。
[PR]

by elvisjade | 2006-12-20 21:53 | その他
2006年 12月 19日
マイルドな寝言
先ほどの撮れたてほやほやの動画です。

私がパソコンに向かっていると、大きな声で寝言をほざき始めた。
カメラを持って電源を入れるといつも直ぐに気付いてしまうので、
今日もベストショットは撮れんだろうと、しばらく放っておいた。

しかし、マイルドにトーンダウンしながらも続いていたのでそっと隠し撮りしてみた。


ジェイド、あなた大丈夫?
心に悩みでもあるの?


再生しているパソコンのそばで、自分の寝言を聞いて
首を傾げています。かわいいなー。
今度この様子も撮ってみようっと。
[PR]

by elvisjade | 2006-12-19 21:54 | その他
2006年 12月 18日
冒険はしないんだけど、、、
わたくし、小さい頃から歯並びは整っておりました。
ほかに何ら自慢できることはありませんでしたが、右から左、上下、奥から前、出たり引っ込んだりもなく綺麗に並んでおりました。
これは両親が誉められることであって、私ではないのかもしれませんがとにかく文句の付けようのない歯と歯並びであったことは間違いありません。

小学校の高学年のとき、虫歯治療の結果どうしても奥から二本目を抜く必要が出て、右下の一本を抜いてしまいました。
虫歯を作るというのは自分の怠慢の結果。しかし、事の重大さをそのときはまだ知りませんでした。
そして、歯を抜いたはいいけど、ぽっかりと空いたその空間は差し歯をするでもなく(というかそのような提示が歯医者からはありませんでした)放置されたままでした。

そして、どうなるか、、、、。
たった1本の奥歯が無くなった口腔内はゆっくりと年月を掛け、段々と変形と歪みが生じてきたのです。
どういう訳か、抜いた方の右側でのみ食物を噛む習慣が出来上がってしまいました。
第一次成長期は終わっていたのですが、それでも大人の顔つきになる頃でも気にせずその習慣で食物を咀嚼していました。
鏡を見ても左右差は出てきていなかったのだと思います。
ただ、時々左でも噛んでみようかナーと試してもどうもしっくり行かず、何十年と言う間左の歯と歯茎は鍛えられることも無く私は成長した次第です。

気が付いたのは30歳を過ぎてから。歯を抜いてから20年が経過していました。
抜いた歯の前後の歯が穴を埋めるようにぽっかり空いた空間へ向かって倒れ、
上顎の丁度抜けたところに噛み合うはずの歯が下方へ落ちてきていました。
更に悪いことには上の歯は頬側(外側)倒れ、抜いた歯の空間へ倒れこんでいた下の2本はただ倒れてのではなく内側へ捩れていたので上と下の歯の噛合わせができず、シザーバイト(鋏様噛合わせ)という状態へまで進んでいました。それでもまだ右でしか噛んでいなかったのですから習慣とは恐ろしいものです。
そして痛みも無ければ人が外からは見ても歯や口腔内がそんな変形をしているとは気付くこともありませんでした。

ちょうどその頃、歯の治療で通院していましたが、先生からこの点を指摘されたことで
もう気になって気になって仕方なくなりました。
そこで先生に紹介していただき、歯列矯正専門のクリニックへの通院を始めました。
それは大学へ行こうと決めて受験した時でしたので、大学4年間と私の歯の矯正期間は見事に重なっていました。
20年掛かって変形した歯並びは4年間かけて歯の間に張り巡らされた針金で少しづつ一本分の空間が縮まって行きました。
金具が総て取り払われた時の開放感は素晴しかったなー。

そして今は左側で物を噛むことも体が覚えてくれたようです。
しかし、この数年別な問題が生じてきました。
それは、歯茎です。
年とともに歯が長く見えるようになり、しかも冷たいものを食べた時に沁みるようになってきたのです。削げ落ちた歯茎が戻ってきてくれなくなったのです。
矯正歯科の先生には通院中、歯の磨きすぎでよく注意されたことを思い出すなー。
歯の表面のエナメル質まで傷めてしまうような磨き方でることと、歯茎を傷める可能性があると何度も何度も言われていたのですが、なかなかこの習慣までは直せませんでした。

歯磨き粉も色々試して見たのですが、これといって効果的なものに出会えずにここまできてしまった感じです。
ブラシで歯を磨くというよりも、歯茎のほうに思いっきり力を入れて挑んだりもしたけど皮が剥けて痛いだけで終わってしまった馬鹿な私。
力の入れすぎが原因だろうと指で優しくマッサージしてみたりもしたけど、肉は盛り上がってきてくれない。
そして、歯と歯との空間もそこそこできてしまい、以前はフロスを通すだけでもピチット密だったところでさえもフロスを2重にしても簡単に通ってしまうくらい風通しの良い歯列になったのである。

また医者に通うことももちろん考えたけど、最後の望みを託して得意じゃないネット検索なんかしてみた。そして、見つけたのが歯茎のために考えられたこのペースト。
b0079523_2022442.jpg



ヒロシ君が考えたはみがき粉



今日届いたばかりなので、一本使い終わるまでに変化が出てくれればと熱望しているところです。

これでダメだったら、ぐちゃぐちゃ言わずに日本を離れる前に直しておかなくちゃ。
医療費高そうだから。
[PR]

by elvisjade | 2006-12-18 21:00 | 健康