2008年 10月 24日
捨てる神あれば、拾う神も♪
お宿では食べつくした一泊旅行。
お土産にしたいような干物も無くかなりしょんぼり。

そのかわりお宿からのお土産つき。
地産のものを紹介しているらしく、
お味噌、佃煮、おせんべいの中から好きなものをチョイス。
家はおせんべいを頂いて帰ることにしました。
b0079523_8424317.jpg

一枚がとても大きくて、一人2枚づつなので計4枚。
売店で確認したら、一枚120円のせんべいでした。
私は口にしなくてもダンナにパソコンでもやりながら食べてもらいましょう。

九十九里からはどこへも寄らずに帰路へ。
ジェイ、そんなに疲れているはずは無いんだけどな?
散歩だっていつもより少なかったし、
食べて寝ていただけジャン。
b0079523_8454932.jpg

ま、後ろの席でギャンギャン、ヒーヒー言われるよりはましか。


昼頃には帰ってきちゃったよ。
私たちには緩々でいいペースだったかも。


夕方クール宅急便が届く。
干物だよ♪魚だよ♪。
はるばる那智勝浦ですよ!
あーあ、もう一度言います、那智勝浦ですよ!
b0079523_96499.jpg

思い起こせば、私たちには浅からぬ縁のできるはずだったあの那智勝浦ですよ!
上陸こそしなかったものの、宮崎の港から出航し川崎港へ向かうカーフェリーの甲板から
勝浦港を眺めたのだった。
この船を就航していたマリンエクスプレスは業績悪化のため2005年6月を持って
宮崎ー川崎間の就航を終了。同年12月には会社そのものが売りに出されたということらしい。(今、調べていて知りました)
(これ、ひょっとして私たちが大幅に航路を変更させて業績不振に陥ったのぉー?!)
勝浦は、もう行こうと思ってもそうたやすくは行けなくなってしまった場所なんだ。感慨深いなー。

って、勝浦では「降りて行きなさい」と神様が誘ってくださったにも関わらず
「先を急ぎますので」と無下に断って、あとあと大変な目にあったところなんです。
あの時素直に降りていれば、、、、、、。
まぁねーそれはそれ、、、、だったんだけどね。

ドベ友がお友達と一年一回の集まりを開催というのは知っていたけど、
このとき初めて、「その場所が、勝浦だったんだー」と気がついた。
いずれ私たち家族一度は訪れてみたい。
だって、彼らの話や彼らの撮った写真を見る限り
楽園としか言いようが無いところなんだな。
こことか、
こことか、
ここです。

4年前のあの時、神様は私たちに、その楽園を体験させるチャンスもくださったのに、、、。
次という時があるかどうかはわからないけど、
その日がきっと来ると信じていようっと。
[PR]

by elvisjade | 2008-10-24 09:14 | 食べ物


<< 試して見たがり、がり、がり、、、      鉄は熱いうちに、、、、、打てな... >>