2007年 11月 12日
目に焼き付けて
カメラのクリーニングをしてもらってから、カメラ熱が段々と上昇。
どうせ長く続かないだろうけど、お天気が悪くない限り朝の空気がまだ爽やかなときに
カメラを持って一人そぞろ歩いている。
小さなものを見つけてはパシャ、空を見上げてはパシャ、危ない人と化している。
一日に一本のレンズを装着して、次の日はまた別のレンズに取り替えてと言う具合。

気が向けば家に帰って別なレンズに取り替えてまた出て行くこともあるけど、
そんな面倒なことは滅多にない。
お気楽、面倒くさがりな写真の撮り方と言える。


朝が中心だから、夕方の散歩でカメラを持ち歩くことは殆どない。
目的を持って出かけない限り、一眼レフは邪魔になるだけ。

今日は惜しいことをした。
後悔先に立たずとはこのこと。


沈む太陽と、空の色が様々な色を見せてくれた。
雲はなく、空気も澄んでいたのだろう。
お月様も細く細く、地平線から少しのところで薄っすらと見え始めていた。
三脚がなければきっと私は手ブレを起こしてしまうけど、一回はこんな素敵な画像を納めてみたいものだと高望みしてしまった。

何時まで続くか、このカメラ熱、、、、、。


夕焼けが撮れなかったかわりに
今朝の練習での水の表情。
シャッター速度で、膜のような表情(やはり手ブレしていますね)
と水玉が飛び散る表情を。
b0079523_1891865.jpg

b0079523_1810646.jpg

[PR]

by elvisjade | 2007-11-12 18:10 | カメラ・写真


<< てえへんだーい      一緒です >>