2007年 06月 28日
みぃーつけた:写真、動画追加あり
先週の約束を果たさなければと一人躍起になっていた。
いくつか候補はあるものの、敷居が高くて、できれば忘れてくれないかなーと願っていた。
何時かは楽しんでもらいたいと「心で思って」いるだけじゃダメよね。

えーっと、お隣の町は鰻が有名なS市。
流石に「鰻屋」さんは多いけれど、どれも勇気が出なくてね。
そこで、通りから入ったお店で挑戦してみた。
お店の前の道はこんなです、
b0079523_13393250.jpg

お店の外観はこうです。
b0079523_13394279.jpg

入店に際して、やっぱりちょっとあったけど、話して理解していただきました。


メニューは2種類のみ。特上、上の2つだけ。
ジュース、アルコールといった飲み物は一切なし。
座ったら出てくる熱いお茶のみ。
5つのテーブルとお座敷。
テーブルは普通のご家庭の玄関のたたきを広くした感じ。
お座敷はまさに、普通のご家庭の2間を襖を取り払ったもの。


でもお味は最高でした。
ダンナ満足して食べてくれました。
b0079523_13395861.jpg



最後、清算が終わって女将さんが
「ごめんなさいね」「いい子なんですね」とおっしゃってくれた。
そうなのよ、最初は断られても帰りには皆さん誉めてくださる。
「また来ていいですか?」という問いかけに
「ええ、いつでも来てください」と云われ嬉しくなったね。

ジェイドがいつもいい子で大人しく寄り添っているからだよね。
ありがとうね。

b0079523_20515963.jpg

だから、母ちゃんのベッドをどんなにクシュクシュにして枕を使って、お腹出して寝ても、何も言いません。はい。
こころゆくまで寛いでください。


[PR]

by elvisjade | 2007-06-28 13:41 | 食べ物


<< こんなものいらない      午後4時の攻防 >>