2007年 03月 27日
ちょっとだけ誉めてあげる
日曜日、ダンナが抱えている爆弾のお腹がかなり痛んだらしい。
食生活をちゃんとコントロールしようとしても、自分の好きなものだけを好きなだけ食べたがる。
作らなければいいのだろうけど、ご機嫌斜めにじゃなくて、尖がってくるからそこは言うことを聞かざるをえない。
そして、時々お腹を抱えてトイレに立て篭もる羽目になるのだ。

今までは、「何を食べてもこの痛みには関係ない」「食べるもので左右されるわけではない」と豪語しておられたが、今回は少々身に沁みた模様。
というのも、昨日普通食を提供したら、えらくご機嫌斜めになったのだ。
「食べられないと思うのだったら、ちゃんと言ってよね」といつもより強い口調で注意した私。

けさ、「夕飯は私の作る和食でいいわよね」と言うと、黙って「うん」と頷いた。
よしよし、ちったぁ学習したじゃん。


鉄火丼もどき と、 味噌汁、野菜の煮物。
b0079523_18183639.jpg

はい、完食しました。

それを見守るジェイド。
b0079523_18191813.jpg

b0079523_18194278.jpg

大人しく見守ったあとは、自分のデザート。
走り込みでお皿に喰らいつきます。
[PR]

by elvisjade | 2007-03-27 18:22 | 食べ物


<< 手近な花見      お天気こんなだから >>