2006年 12月 26日
クリスマス・ディナー
えーっとね、綺麗じゃないのよ。
緑とか赤とかそれらしい雰囲気の彩を添えればよかったのでしょうが、
ブロッコリーもイチゴもない。
茶色一色のディナーでした。

まず、チキンです。ターキーが欲しかったのですが、コス○コでは大型のターキーしかなく
うちのオーブンに入りきらないサイズ。
ダンナは涙を呑んで2.8キロの鳥にしました。

下の写真はスタッフィングです。
giblets(臓物)ですが、我が家は砂肝そして合挽き肉を油で軽くいためてあります。そこへ玄米と白米半々をスープストックで炊いたご飯を加えてあります。
b0079523_1054587.jpg

上記を鳥のお尻から詰め込みます。
鳥の表面には塩、コショウ、パウダーガーリックなど香辛料をすりこみます。
b0079523_1057194.jpg

これを180度のオーブンで3時間ほど、蓋をせずに焼きます。
途中で一度ひっくり返しました。
そしてできたのが、
ジャジャーン。  シーフードサラダと一緒に。
b0079523_10591793.jpg

この一羽の鳥は全部ダンナのお腹に入るのです。
だって、かあちゃんはお肉が基本的に嫌いで、トリなどまったく口にしないからです。
これから数日はチキンサンドイッチを食べるらしいよ、ダンナ。


そしてこれが、ミートパイとフルーツケーキ。
パイは上から見るとひらぺったい”お好み焼き”みたい。
b0079523_1191768.jpg

切って横から見ると、ちゃんと挽肉入ってます。
b0079523_114138.jpg


全部一度に並べて写真撮ればそれなりに見えるのでしょうが、
オーブンの出来上がり順にしか撮影できなかったわ。
まぁいいでしょう。

本当のことを言えば、
わたしゃ、これより寿司が喰いたい。
納豆と鮭と白米でもいい!!!!!
いいや、そんな贅沢も言わない、
冷ご飯をチンして梅干と漬物でもいいのだー。
父ちゃんごめん。

[PR]

by elvisjade | 2006-12-26 11:07 | 食べ物


<< エルビスの墓参り      メリークリスマス >>