2013年 01月 05日
つぶやき
昨年春に、二代目となる一眼レフカメラを購入した。
機械の進化と共に、画素数のもっと大きなものが欲しくなったのと
初代一眼のボディ内部の小さなゴミが
どうにもこうにも気になって仕方なくなったのが理由。

買い換える前に、幕張のキャ〇ンへ持参し
ボディとレンズのメンテナンスのおおよその見積をしていただいた。
それだけの金額を出すなら、もう少し奮発して
ぐっと機能面でバージョンアップしたカメラにと思い
清水の舞台から飛び降りた。
レンズもこの時一緒にオールインワン的な18-270mmの物を揃えた。
実は、レンズの方がボディより高くついたのであった。


さて、新しいカメラ&レンズには至極満足。
やっぱり機能がたくさんあって楽しい。
レンズも一本で広範囲をカバーできるので、
他に広角とマクロを持っている分にはもうレンズも買い足す必要もないと感じている。
(今のところは、、、。)


それまで使っていた初代一眼をどうしよう?と思ったとき
普通に廃棄するのは何だか忍びない。
かといって中古で買い取って貰えるほどの評価はつかない。
どうしようか迷いつつ数か月。

大人の人に「カメラ使います?」って差し上げるのもかえって失礼になりそう。
知り合いの子供さんなら、この一眼とそれに付いてきたレンズを
ちょっと高級なおもちゃで使ってもらえるかと思い、差し上げることができた。


で、年初め、年賀状が届いた。
あー、ゴミ写りの難はあったけどちゃんと使ってもらっているみたい。
なかなか嬉しい年賀状となった。
ありがとう。

b0079523_1591176.jpg


二代目も、そろそろメンテの見積してもらわなきゃないかなー。
[PR]

by elvisjade | 2013-01-05 15:13 | カメラ・写真


<< 寒さに耐える      とんがり姫 >>